Facebook Twitter
zwearz.com

メンズドレスシューズの品質を決定づけるディテール

投稿日: 9月 4, 2021、投稿者: Renato Shaak

すべての男性は、ドレスシューズを購入することを検討する前に、メンズドレスシューズの詳細を知る必要があります。 これらの詳細が靴の品質を定義していることを認識することが重要です。

損傷したドレスシューズの交換に繰り返し支出するのではなく、年齢のために持続できるいくつかの優れたものがあることを支払うことになります。 高品質のメンズドレスシューズは、長続きしない安価な低品質のものよりもコスト効率が高くなります。

メンズドレスシューズの詳細は、ドレスシューズの構築と形成の基盤です。 それは、人たちの中で快適さと安定性を提供します。 メンズドレスシューズの詳細については、

多くのメンズドレスシューズは革で作られています。 この素材はドレスシューズの約80〜90%をカバーしているため、良い革を構成するものを理解することが重要です。

革の品質は1から5の定格で、1は最大品質です。 ただし、これらのグレーディングがドレスシューズで見つけることができず、靴部門の営業スタッフも理解できません。

通常、素人の視界とタッチに基づいて、私たちはメンズのドレスシューズの詳細のために、革に一定の細い穀物で滑らかな細い穀物に集中します。 革はしなやかで豊かに感じるはずです。

優れた品質の革の素晴らしい例は、一種のカルフスキンであるナパかもしれません。 カルフスキンは、子羊と同様に若い子牛の肌からの細かい革です。 これらのマスクには細かい穀物があり、光沢で輝いています。

すべての革のカバーは、自然に傷や傷を持っています。 高品質の革には小さな傷があるため、より高いコストがかかります。 低品質の革と高品質の革の耐久性の違いはバリエーションがほとんどないため、革のメンズドレスシューズの価格設定の決定要因ではありません。

革製のドレスシューズの傷は、シーラント製品を使用して隠すことができます。 革を滑らかにし、傷を隠します。 その結果、革の仕上げが少ない(つまり、ガラスの仕上げ)または裸のように裸の場合、それは傷の潜在的な隠蔽が少ないことを意味します。

最も重要なメンズドレスシューズの詳細は、最小限の傷があり、人工シーラントにもほとんど感動していない高品質の革を持っていることによって決まります。

それでも、レイマンが革の品質をあまりよく知らない場合は、レザーの品質を評価するのは難しいです。 革を評価しようとするのではなく、メンズのドレスシューズの建設に焦点を当てる必要があります。

メンズドレスシューズの詳細は、ドレスシューズが内側から作られているため、内側から始まります。 傷と誤った仕上がりは、しばしば外側に隠されています。 そのため、インテリアに焦点を当てることで、隠蔽の困難な領域を発見することができます。

重要な注意点はインソールです。 最高品質のメンズドレスシューズには、カード板の層とは対照的に、革で作られたインソールがあります。 これらの革のインソールは耐久性があり、足が呼吸して汗を吸収することを可能にするため、不必要な足の臭いを防ぎます。

さらに、摩耗したときに簡単に交換することができ、段ボールのインソールでは不可能なドレスシューズの底を形成するのに役立ちます。

Lining

革はまだここに焦点です。 それにもかかわらず、高品質の革はライナーで作業するために使用する必要があります。 そのような革の素晴らしい例は、カルフスキンかもしれません。

縫い目と縁の周りの折り目の内側が滑らかであることを確認してください。 ファインステッチはライナーに沿って重要です。なぜなら、細かいきれいでバインディングされた仕上げが、メンズドレスシューズの詳細の仕上がりを定義するからです。

ステッチ

ステッチは、メンズのドレスシューズの詳細の間で通常は気づかないものです。 慎重に検査することをお勧めします。

メンズドレスシューズの非常に良質のステッチは、可能な限り目立たないはずです。 ドレスシューズの上部から下まで隠れている必要があります。

メンズドレスシューズのインテリアには、着用者にかなりの不快感を引き起こす可能性があるため、ノットが露出していないことを確認することを忘れないでください。

ソールでは、ウェルト仕上げには、ソールの端と上部の端の端の間に革をステッチすることが含まれます。 これらのステッチは革の中に隠されるべきであり、ゆるい端が明らかにされるべきではありません。

Soles

Solesは、メンズドレスシューズの詳細のベースです。 ウォーキングで摩耗するのが最も簡単です。

メンズのドレスシューズのための素晴らしい投資には、革の靴底があります。 革の底についての1つの良い点は、ラバーソールよりも間違いなくフォーマルでエレガントな外観です。

レザーソールはしばしば日焼けしてより永続的にします。 唯一の唯一の唯一の色合いの色合いは、変色と傷の隠蔽を防ぎます。

さらに、露出したステッチを避けます。 裏に沿ったステッチは、底部内で切り取られた駅の下によく隠れている必要があります。 これらは、メンズドレスシューズの詳細に必要な品質を表しています。

ボトムは、シングルから3までの異なるレイヤーにすることができ、それはすべて自分のオプションに依存するか、フォーマルドレッシングと一致するようにします。

これらの底が、着用者の快適さを保証するために、できるだけ密接に足に密接に形成されていることを確認してください。 ドレスシューズソールは靴に接着してはいけません。 この地域の周りにステッチすることを期待する必要があります。 摩耗したときに底部の変更が可能になりますが、根底に接着された人のためではありません。

heels

メンズドレスシューズの詳細に関するもう1つの重要な側面はかかとです。 革が登場します。 かかとは革で重ねられ、真鍮のピンと一緒に釘付けされています。

これにより、かかとの周りの持続可能なサポートに加えて、革層がクッション効果を作るためのタイトなグリップが作成されます。

これがメンズのドレスシューズの平衡を混乱させ、これらの種類のかかとを非常に不快にさせることができるため、かかとが大きくないことを確認してください。 余分な耐久性のために、いくつかのかかとはさらに真鍮のタックをソールに取り付けます。